壁紙のひび割れ防止対策

店舗リフォーム

こんにちは

RE事業部(改修工事部門)の鈴木です。

今回は、壁紙のひび割れ防止対策について・・・

 

こちら↓↓↓ 先日内装工事を施工させていただいた、ある施設での壁下地の写真

こちらの下地は内装軽量鉄骨下地といわれるもので基本的には、

天井から床まで縦に下地を立てます。

その場合、壁の石膏ボードの横の継ぎ目が動きやすく、

仕上げの壁紙のひび割れが発生しやすくなります。

その対策として、ボードの継ぎ目に、下↓↓のファイバーテープを貼り補強します。

ファイバーテープとは、目地部のクラック防止に効果の高い薄型幅広ガラス繊維テープです。

 

 

ひび割れの原因は、施工箇所や建物構造、施工時期等によって色々あります。